キッチンリフォームのポイント|神奈川県横浜市・川崎市のリフォーム専門店『とくリフォ/とくりふぉ/トクリフォ』|システムキッチンで台所を快適にします。

詳しくはこちら

リフォームのポイント>キッチンリフォーム

台所のリフォームをお考えですか?システムキッチンを選ぶ観点は大きく分けて4つです。

①操作しやすさ

「切り物をしていたら、肩がこる」
「野菜を切るときに台所に寄りかかると、ちょうど腰の位置にある食洗機のスイッチが押されてしまう。」
「食事後にシンクで洗いものをしていたら、知らぬ間にタオルが身体に当たり、気づいたらタオルが落ちている。」

システムキッチンの高さは、(身長÷2)+3cm〜5cmと言われています。自分の身長にあった高さのキッチン選びが必要です。ショールームに高いヒールで行かないことはもちろんですが、身長にあった高さのキッチンでも、操作しにくい場合があるので、実際にショールームでキッチンでの動作をしてみて、確認しましょう。

「子どもが成長し、最近は一緒にパンケーキを焼くのが休日の楽しみなんですが、コンロの幅が狭くて二人で並べないんです。」
「コンロで一人、シンクで一人作業をしていると、お互い肘が当たって邪魔!」

システムキッチンの幅は標準サイズが2250mm(2m25cm)です。しかし、コンロに2人で立つことが多いご家庭では、コンロ幅を十分に取りたいとお思いになるでしょうし、シンクで一人が洗い物をして、コンロでもう1人が立って料理するといった役割分担をされている場合には、キッチン全体の幅を調整する必要も出てきます。

お客様の台所の使い方によっては、台所のサイズを変更したほうが快適に料理していただけるかもしれません。一度、ご相談にいらしてくだされば、一緒に適切なサイズを一緒にお考え致します。

「シンクの下の観音開き式の収納スペースに醤油と味醂を片付けています。それを取り出すのが、本当に面倒!いちいち低くしゃがんで、立っての繰り返し。」
「流し台の上の収納、スペースは広いんだけど、手が届かなくて毎回踏み台を使わないといけないんですよね・・・」

システムキッチンのキッチンの整理整頓をできるように、収納スペースを大きく確保したい方は、結構いらっしゃいます。しかし、その大きさが確保されても使い勝手の悪い高さにあると意味がありません。

いちいちしゃがまなくても良い収納ならスライド式がオススメ。立ったままでも引出し引けば、中が全て出てきます。

高すぎる吊戸棚も、自動昇降機能を付ければ、踏み台無しでもボタンひとつで手の届く位置まで降りてきます。

収納位置は身体に負担がないものを選びましょう。

②お手入れのしやすさ

「換気扇はプロペラでしょ。あのプロペラにべっとりと付いた油をとりたいけど、洗剤でも取れないのよ。触るのも嫌・・・」

換気扇は、別名レンジフードといいます。レンジフードには実はシロッコファンとプロペラファンという2種類のタイプがあります。

以前はプロペラファンが主流でしたが、排気する圧力が弱く、排気量が少ないという問題に加え、ベトベトがこべり付いて取れないという難点もありました。

ところが最近ではシロッコファンという新たなタイプの換気扇が主流になってきています。シロッコファンは、油を吸着するのではなく、下に備え付けられている受け皿に汚れを落としていく換気扇です。しかも排気性能も抜群。

ぜひ一度ショールームでご覧になって、お手入れのしやすさを体験してください!換気扇(レンジフード)のベトベトが除去しやすいキッチンで快適な料理を実現しましょう!!

「白い人造大理石のシンクを使っていたら、熱い鍋やフライパンを置いた後が黒くしみになって残ってしまった」
「シンクのヌメリや水垢が、なかなか取れない」

シンクの素材は、ステンレスや人造大理石など、メーカーや商品によって多岐にわたります。

ステンレスですと、光を反射させるので、傷が付いたときに少し目立ちますが、熱には強いので、人造大理石ほどシミにはなりにくいという特徴があります。

他方、人造大理石は見た目の美しさやヌメリの取れやすさといった観点で採用されます。素材によって良し悪しは変わりますので、ショールームスタッフやアクショナルの担当者にお聞きください。いつもきれいなシンク(流し台)という選択をお手伝いいたします。

「魚焼きグリルが焦げ付いちゃって・・・しかも、前に焼いたものが残っているみたいで、煙が出て、部屋に煙が充満する」
「グリルがいつも魚臭い。魚を焼くのが億劫だわ。」

グリルはキッチンの中で最も汚れがたまりやすい箇所のひとつですよね。網皿や水受け皿によっては、魚の皮が張り付きやすく、グリル庫内で焦げ付いてしまい、取れずに困ったことになりやすいです。

ステンレスやフッ素加工など、さまざまな工夫を凝らして各メーカーがお手入れしやすいグリルを開発していますので、お問合せしてみましょう。

また、魚臭いにおいが部屋に充満しないように、煙をグリル外に出さない「スモークオフ」という機能を搭載しているグリルも出てきています。

お客様ご自身にとってお手入れのしやすいグリルはどういったものなのか、考えてみると良いかもしれません。臭わないグリル。清潔なグリルの実現が可能になります。

「コンロの火が出る部分が詰まっちゃって、火が出ないことがあるのよ。でもどうやって汚れを取ればいいのかわからない」
「吹きこぼしたお味噌汁が、コンロの狭い溝に入り込んでしまって取れない」

最近では、表面に溝や穴がないガスコンロが登場しています。

さらに、ガスコンロではなくIHコンロにすると、表面が平らなのでお手入れもよりラクになります。

天板やゴトクの素材も、従来のステンレスやホーローといった金属系の素材だけでなくガラスのものも出てきており、「さっとひと拭き」が本当に可能になっているのです。

実際にデザインや色などを見ながら、お手入れがしやすいキッチンを選びましょう。コンロがさっとひと拭きできれいになると、家事の時短につながりますね!

③収納の便利さ

「大きな収納の中に仕切りがあったら、もっとキレイに効率よくたくさんのものを整頓できるのに・・・」

収納スペースがどんなに大きくなっても、内部に何も仕切りがなかったら、無駄なデッドスペースができてしまいます。

一段目と二段目に、小さいものと大きいものを分けて収納できたら・・・

キッチン用品の使用頻度によって取りにくい位置に置いたり、取りやすい位置に置いたりできたら・・・

観音扉タイプでは自分で上段と下段に分ける網棚のようなものをホームセンターなどで買ってきて設置できたのですが、スライド扉タイプですと下段のものが取り出しにくくなりがちです。

しかし、最近はスライド収納の中に上段と下段が予め分かれているものがあり、収納を引っ張りだすと、上段下段の両方が取り出しやすく出てくるという風に工夫されています。これはショールームで一度確かめてみる価値があります。

「調味料と一緒に洗剤を置きたくない」
「ゴミ袋やタオルなどをしまうちょっとしたスペースが欲しい」

足元収納や吊戸棚、小さい引出しなど、各メーカーが力を入れて、システムキッチンの収納を開発しています。スライド収納を引っ張るのではなく押せば新たな収納が出てくる、リクシルの『パタパタくん』のような物もあります。

「こんなところにも収納が?!」と驚いてしまう、収納が小さく分かれているキッチンは必見です。

④性能の良さ

キッチンはただ料理をするところという発想が、どんどん刷新されてきています。

  • 食洗機
  • ビルトイン浄水器
  • 自動昇降の吊戸棚

食器洗い乾燥機機(食洗機)が、食器を手洗いする時間を省いてくれます。

ビルトイン浄水器が、水道水を美味しい水に変えてくれます。

スイッチひとつ押せば、上の吊戸棚が下りてくるような自動昇降の吊戸棚というのもあります。

「最低限の設備では物足りない。」とお考えのお客様には、こういった最新設備をオプションでつけることもできます。

本当に必要な設備を予算内で設置するためにも、アクショナルの担当者が皆様をショールームへご案内いたします。一緒に設備を見ながら、どの機能が魅力的で、どの機能は不要であるかを判断していきましょう。良いリフォームの実現をお手伝いいたします。

メーカーショールームにご案内をいたします! 目玉商品のシステムキッチンを見る >>
このページの先頭へ

HPからのお問い合わせはこちらから

5年間安心保証

リフォームローンや費用で悩む前にこちらをチェック